[ 2:6:2の法則 ]

こんにちは

ファミリーカウンセラーの伊藤幸子です

家庭の中に一つでも多くの笑顔が咲きますように♡

涙する日も大切なあなたの人生。

一緒にゆっくりじっくりやりましょう。

大丈夫!

一人じゃないよ。

 

:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:+:-:-:+:-:+:-:+:-:+:-:

 

[ 2:6:2の法則 ]をご存知ですか?

パナソニックの創業者である松下幸次郎さんか語った法則です。

別名「働きアリの法則」とも言われています。

 

 人間が集団を構成すると
    2割 : 優秀
    6割 : ごく普通
    2割 : 困った部下
と言われています。

 

OL時代を思い出しても
「うん!納得!」です。

 

ではこのチーム力をアップするにはどうしたら良いと思いますか??

 

「下の2割をリストラする!」

こう考える人は多いのではないでしょうか?
ではその結果どうなったかというと…

結果は同じだったのです!

 

残った中で同じように2:6:2に分かれてしまいました。
人間は「自分がいる集団」によって様々な役割を演じる事ができるのですね。

ではどうすれば良いのか?

 

 

下の2割を優秀な2割にするのです。
真中の6割の人達も
「負けたくない!」と変わっていく。
そしてチーム力アップに繋がります‼

 

そこでリーダー力にかかってくるのですね。
スポーツでも、グンと伸びるチームには素晴らしいリーダーがいます。

 

また、個人を伸ばしたいのであれば、色々なチームを作るのも面白いと思います。

無口な人ばかりを集めたチームを作るとその中で話せる人が必ず出てきます。

 

これって子どもたちも同じことなのです。

学校でも、クラス、縦割りの掃除場、各委員会、クラブ活動、体育祭、文化祭、合唱祭等色様々なチームに所属することが出来ます。

学校だけに限らず、習い事、近所の友達、コミュニティと選択肢もたくさんあります。

自分の居心地の良い場所を見つけることも重要なことですね。

 

この法則を知っておくと人間関係においても気が楽になります。
 気が合う    2割
 普通      6割
 気が合わない  2割

 

こんな感じではないでしょうか?
ほとんどの人は気が合わない2割を意識しすぎています。これでは生きづらいですよね。

自然の法則なのでクヨクヨ悩んでも仕方が無いこと。
割り切る事も大切です。

 

[ 2:6:2の法則 ]” に対して1件のコメントがあります。

  1. バッキー より:

    講義を分かりやすく、素早くアウトプットして素晴らしいです。

    見習います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です